iBooksのメモ機能がちょっと便利。

17 8月


「iBooks」というのはiPhoneやiPadで本を読むソフトの名前です。
本を買うとこんなふうに書棚にならびます。
青いのがぽーるくんの自伝「Idea Man」


読んでる途中でハイライト線をひくことができます。色は変更可。
ここで困るのは、ハイライトした文章中で辞書ひきたい単語があっても
その単語だけ選ぶことができなくなっちゃうんですよね…。
きっといつかSJがなんとかしてくれること期待…。

ちなみに文章はすべてコピペ不可です。
拡散防止のためなのかな。


ハイライトしたとこにメモ(ノートとSJはよべという)を
つけることができます。
私は、英語の文章がまったく頭に残らないので
紙の本のときは、要約を余白メモ or キーワード付箋なんですが、
iBooksではこうやってメモとるしかない…。


とったノートはリストにできるページがあって
ハイライトした原文とノートとった日付がでてきます。

でもこのリストではノートとった日付だけしかわからないので
原文みても「私はなんでここに線をひいたんだ…」とよく思う…。


でも、このページ右上にあるボタンを押すと
自分がとったノートを全部メールすることができるのです。
これは自分が作ったテキストデータなので加工可能。


メール送信画面にすると、ノートが一覧になってだらっとでてきます。
これが資料読みにはけっこう便利…!
ネタを考えるときに、ああ、メモとったとこだけ全部見たい…!
でも物理的に無理…!とずっとおもっていたので非常に助かります。

クリックしたら原文にもどれるわけじゃないので、
原文に戻るにはリストのページに
もどらなきゃいけないんですが、きっとそれも今後SJが…。

次はこのノートをもっと検索しやすくしてほしいのと
ノートにページ数と行数を自動的にいれる機能をつけてほしいなー。

………………………………..
追記(2011/08/19)
このあと「ページ数と行数を自動的にいれる機能」は
意味がないことがわかりました…!
なぜなら電子書籍って
文字の大きさを自由にかえられるので
そのたびページ数や行数がかわるのです。
そこで、一転、論文の引用って
出典にページ数かくものなんですが
それってどうなるん…!と思いましたよ。
かかなくてよくなるのかな。
………………………………..

iBooks以外の本読みソフトをしらないので
ほかのソフトにはどんな機能があるかしらないんですが
ご存じのかたはメモ機能をぜひ教えてください…。

一瞬kindle派になろうかとも思ったんですが
(本がちょっと安かったのです)
書棚で本の並べ替えができないときいて
あ、それだったらあぽーで!と、あぽーに降ってしまいました。
あぽーはそういうどうでもいい細かいところだけは
遺漏なく仕事する会社ですよね。

ところで日本語の本ってもうiBooksで発売されてるんでしたっけ。
幸村関連の本も検索しやすくなるという理由だけで
私はきっと電子書籍を買ってしまうなあ。