サプライズ幸村くん。

18 10月

けーきで幸村くん!

年内の企画として、めじさん(歴史好きで料理がうまい)と一緒に真田丸をリアタイで見る+ごはんづくりを教わるというのがあり、お互いのびのびになっていたのが、ようやく予定をこぎつけて、10月半ばに決行となりました。
事前に「13時においでよー、あと、あられさん、えーしさん、吉田さんもくるよー」ときいていて、おなじみのメンバーだなあと、まったくの素まるだしで、「あ、私、朝ごはん食べてないんで、パン買ってくのでそっちで食べていいですかー」などと断られないこと前提のメッセージをおくりながら、遅刻までして、コーヒー片手にマンションについたら、テーブルのうえに幸村くんがいた!けーきになって。
しかも祭壇ができていた……!

私より先にみんな集まって作っていてくれてたという。
びっくりしたわー。一瞬、自分の絵だってわからなかった(笑)

つやつやしてるものには、人間の本性としてさわりたくなるので、ケーキをすぐにつっついてたら、まずはごはんを食べてからということで、冷蔵庫に幸村は戻されてしまいました。
絵がかいてあるところ、かたいのかなとおもったら、やわらかかった!全然かたまってないネイルみたいなかんじでした。

ごはんは、めじさんに教わりながら、たまごとじ丼をつくりました。
だしとたまねぎのスープみたいな液体に卵液入れてフライパンをゆする工程、楽しいね−!
たまごがとろんとろんが好きな人もいれば、たまごかためが好きな人もいるし、半熟だけどかためよりが好きとか、それぞれ「自分はこういうたまごとじ丼がすき」というのがあって、たまごとじ丼って、ポピュラーで、こだわりが明確に表れるメニューなんだなーということを初めてしりました。
公式のたまごとじ丼(おやこどんともいうんだよね)をみたことがないので、実際にどういうものをたまごとじ丼というのかよくわかってないんですが。ひれかつ?をとりにくのかわりにいれると、かつどんというのなるらしい。今度どこかお店でみたら、写真とかよくみてみようと思います。

その後、BSR幸村伝を最初から最後までやってるとこみて、梵天丸の第二衣装を私は知らなくて目むいたり、大河の真田丸みて『全力でおしとおるー』が記憶に焼き付いたり、やっと拾われた日本号(刀剣乱舞というゲームにでてくる刀の名前です)が、へし切長谷部に「おまえをみるとたまに折りたくなる」という台詞をきいて、ああこれはざわざわするわーと思ったり、うちわに立体「感」ではなく立体を実際に作る意味とその効果に納得したり、唐揚げを二度揚げするとこみたり、ケーキにコーヒーいれてもらったり、果物で秋を感じたり、いつもどおりの楽しくおいしい日曜日でした。

こういうケーキはデータを入稿しなきゃいけないんだそうですが、友達ズはばりんばりんの絵描きなので、技術的なところはなんの問題もないのがすごいなあと思う。あまぞんの画像とかで作ってくれたのかなー。ほんとすごいよね……!
祭壇も、ありとあらゆる幸村がいて、弁丸もいて、よくみるとBSRじゃない幸村もいるうえに、幸村の花押はいった扇もあるんだよねえ。なんでこんなコレクションが一般の自宅に揃っているんだろう(笑)ありがとうありがとうとしかいえないんだけど、多分一番の恩返しはもっと勉強して、もっと漫画描くことだろうなー。がんばろ。

で、実はこの日の午前中に携帯をかえたんですが、そのあいほんで写真をきゃっきゃと撮り、眠かったけど0時ごろにツイートして、翌日なんか携帯の通知がおかしいので、うっかり携帯の中身を全部リセットしてしまい……。残ってる写真はこの2枚だけになりました。自分がツイートした写真をまさかダウンロードすることになろうとは。眠みに負けつつも、当日にツイートしておいてよかったよ……!