真田丸あんすて1225パーリー。

26 12月

真田丸あんすて1225パーリーの裏話。

複数の友達がこの1年ぐらいずっと「ダイヤを砕く」とか「走る」とかいっているので、なにをしているんだろう…と謎でした。
そしたら、すべては舞台「あんすて」ブルレイをみるとまたたくまにわかるであろう…ということになり、それをみせてもらえることに。ブルレイオーナーがついでに高田の部屋を一度みてみたいということで場所はうちになりました。

折良く、別の友達と真田丸ケーキの会(フェリシモぽく)をやりたいよねーという話がでていたので、だったら高田宅で「あんすてブルレイ会」と「真田丸ケーキの会」を同時決行するかーということになりました。
そこで参加者の仕事や原稿や舞台のスケジュールあわせをしたら、なんと12月25日しかあいてないということに(笑)おたくの年末は息できない忙しさだから…。しかも、そこまでしてこじあけた25日も、仕事場からくる人、途中で舞台にいく人もいりまじる交差点で開くカフェのようになりました。日にちが25日なだけに、自然と「クリスマス会」要素もはいって、いわゆる3ジャンル合同イベントに。

場所担当の私は、クリスマスツリーが実家にあったなーと思い出し、静岡県からもってきてもらいました。最後にかざったのが高校生のときとかなので、ツリーのつくりかたを私も両親も忘れていたり、イルミネーションも当然のようにLEDじゃないので点灯しない玉があったり。イルミネーションはこれを機にLEDに買い換えたんですが、オーナメントがことごとく壊れていてねえ。割れていたり、きらきらした鏡のアイテムが落ちていたり。飾ることができるのは、5〜7個だけだった…。

あまりにさびしいので手持ちの幸村グッズなどを足してみたものの、まだまださびしいので、パーリーにくる友達に、ツリーに飾るなにかをもってきてください〜(わすれなかったらでいいので)とお願いをしたところ、思ってた以上にみんな推しのなにかしらを持ってるものなんだと理解。たのんでよかった。


私はだてさなに大河「真田丸」の第48.5回「密約」付箋をはってかざってみました。
下のほうにみえる、まるでツリーからでてこようとしているちったい無双ズがかわいいんだよ…。彼らの本職は「コップのふちにすわること」なんだそうです。

もちろんオーナメントを持ってこなかった人もいたので、その人たちに「なんかあるだろう」「なにかあるだろう」と押してみたら、写真だした…!(笑)女子のたしなみ!
上の写真の、だてさなの右上にいる写真の人はKBTさんという、舞台BASARAで初代から政宗やってた人です。かっこいいよね…!


モノクロの写真の人は、山口大地さんという、やっぱり舞台BASARAで政宗やってた人で、料理がものすごくうまい人です。この人もかっこいいんだよねえ。筋肉が芸術のようなかたちをしてるんだよ。なんでMさんはこんな写真を日常にもちあるいてるだに…。

ちょっと見づらいけど、上のまるいコースターみたいなアニメのキャラは、手塚…だったか、みゆき…だったか…。友達がこのキャラのバスタオルを持ってるのは知ってるので、私のなかでは「Mさんちのバスタオルの人」です。
ほかの人たちの推しオーナメントを撮るのを忘れてたりしてるのですが、ツリーは埋まりました!
推しをかざるって楽しいもんだなあ。多くの人が部屋に祭壇をつくる理由がわかる。

光っているのはペンライトです。この色に光っている理由がきっとあるのはわかるんだけど、わからない…。
ペンライトの表面に刀剣乱舞ってかいてありました。(手書きじゃなくて、ちゃんとロゴだよ!)

おさけあわせのこと。(カクテル…?)
Rお姉さんとは、ほぼほぼ初対面で、お互い名前しかしらないレベルです。
Rお姉さんは、どんな人かというと、みなさんのなかで「スチュワーデス」を思い浮かべれば、それがRお姉さんです。(実際、Rお姉さんはよくCAに職業を間違われる)
さて、多くの人がツリーにいろいろかざったり、料理の盛りつけをしてる中、Rお姉さんが、一人テーブルにグラスをずらっと10個ぐらいならべて、さらにそのまわりに、赤いワイン、白いワイン、オレンジジュース、赤いシロップ、飲むヨーグルト、ジンジャエール、炭酸水、梅酒、ウーロン茶、フルーツ、ドライフルーツ、などを並べ、実験室のおもむきなのです。
なにを始めるんだろうとおもっていたら「紙がほしいー紙ー紙ー」という。
うちに紙などいくらでもあるのでさしだしたら、お姉さんがなんか書いてる…!
今となってはあの紙がものすごく重要だったことがわかるんですが、そのときは「このお姉さんはなにをしてるんだろう!」とすごく謎でした。
そして、グラスにそーっと赤い液体をいれたり白い液体をいれたり、ブルーベリーをようじにおだんごみたいにさしてみたりして、次にふりかえったときは、色とりどりのカクテルが、バーのようにならんでいました。
カクテル(これをカクテルというのか謎なんですが)つくる人も、お酒をこんなふうに合わせる行為も生まれてはじめてみた…!
この技術というかこの遊びを「お酒合わせ」とよぶことにしたんですが、魔法に近い。
「お酒合わせ」は、できあがったグラスにひとつひとつ名前をつけるまでが遊びなんだそうで、みんなで考えて、そこから絵描きのYさん(漫画描きは擬音を日々描いているので、メニュー字は朝飯前なのです)が、かいていきました。

写真とれなかったグラスがあるのにきづいた…。写真を高田にめぐんでくれる人はいませんか…。

・昌幸の大博打ドリンク(大博打のはじまりじゃー!から。ラム酒とウーロン)
・信繁六文銭ドリンク(ブルーベリーを6つかざって六文銭)
・大助初陣ドリンク(白+ういういしいほんのりピンクだから。グレナデン・ヨーグルト・いちごミルクプリンがはいってるんだよ!)
・家康の逃げ恥    ドリンク(ごめん、かくれていてよめない…)
・きりちゃんドリンク(オレンジ・グレナデ・ラム酒)
・豊臣家黄金ドリンク(洋なしをひょうたんカットしてるのです。梅酒・炭酸水)
・淀殿の底知れぬドリンク(赤ワイン・オレンジ)
・秀頼様貴公子ドリンク(炭酸水・ベリー・ハーブ)
・兄上の上田から救援ドリンク(そば茶)

「おさけあわせ」があまりにきれいでおしゃれで楽しかったので、思わずRお姉さんに「なんでこんなことできるんですか…」ときいたら「あ、私、タイバニにいたから」といわれました。
質問と答えが乖離しすぎている。
でも、私以外の人は、笑って、なるほどーさもありなんで終わってました。
タイバニって、おじさんと若い子がつがいのジャンルなのは知ってるんですが、それとお酒合わせとどうつながるのか謎で、いろいろきいて総合した結果、「コラボカフェ通い」をすると、こういう遊びができるようになるんだそうです。吉原通いの座敷遊びみたいだよね…。
飲んだら、どれもこれもおいしくて、しかも名前考えるというのが楽しかったので、私もつくれるようになりたいなあ。Rお姉さんのあの紙はいったいいまどこにあるんだろうか…。

ごはんのこと。
3ジャンル合同イベントなので、真田丸系のごはんはMさんが作ってくれることになりました。
私は料理をしないので、見たこともない高田の家で料理をするのは最初からあきらめてくださって、「高田さんの家でしあげだけするようにしておく」というのです。
でも、私にはそのしあげがなんのことかまったくわからず、ようはお皿を用意しておけばいいんだなーと思っていました。実際は違ったね…!
しあげって「盛りつけ」のことだったのです。完全にお手上げで、ほとんど飛び入り参加のCさん(真田丸ケーキを届けにきただけだったんだけど、なんならということで参加になった)が代打ででてくれて、MさんもCさんも初対面なんですが、完全に意気投合して盛りつけしてくれました。盛りつけってセンスがいるんだなあと、つくづく思った!


徳川・真田軍「真田の魚鱗陣と徳川の鶴翼陣」
逃げるオレンジのトマトにつっこんでいく赤い真田トマト。
Mさんは大河「真田丸」オープニングで真田隊がつっこんでいく三角形の陣のとこが好きなんだそうで、それを表現したかったんだそうです。
オレンジのトマト+バジル+ブリー(白カビのチーズ)に胡椒にオリーブオイル。
真田の赤いトマト+ブリーにちょいブルーベリージャム。
徳川の旗は、当日の8時間前ぐらいに「徳川の黄色い旗がほしいです…」といわれて、もちろん2秒でつくりました(笑)旗なら私はつくれるんだよ…!ごちそうは無理だよ!


Mさんは、大坂城牢人五人衆で料理を考えたそうで、まずでてきたのがこれでした。
真田信繁「躑躅の花咲きたるがごとし・六文銭ローストビーフ」

パーリー前に試作品を作ってみてから、大人数用に作ってくれて、料理する人はそういうためしづくりをするのか…と驚いたよ…。
盛りつけは、Cさんが「六文銭で!」と思いついたそうで、普通のローストビーフならバラの花っぽくなるところが、六文銭になりました。こういう即興のセッションってほんとすごいなあ…!


後藤又兵衛の全国放浪・山海とりそろえた前菜2種 きのこのサワークリーム煮と海鮮のマリネ。

後藤又兵衛は仕官のために国内をぐるぐるして、最後大坂城にいきついて一旗あげてやれ!という人なのです。山や海をわたりあるいて…ということでこのメニュー。
実は、最初は「後藤又兵衛のやりいかとキノコの海鮮マリネ」だったんですが(こんなとこでばらしていいのか)、イカが手にはいらなかったかなにかで、当日の8時間前にメニューがかわりました。
それと、本来なら1品で1皿の予定が、私の家にほどよいお皿ないことがわかり、急遽2皿セットでの提供に。現場対応は難しいけど楽しい(笑)

毛利勝永の弾丸入りブラックオリーブサラダ。
ごちそう担当のMさんは、メニューの名前、「なんとかのなんとか風なんとかみたいなあれ」も全部考えてるんですが、なぜか毛利は「グリーン」なんだそうです。
BASARAの毛利さんがグリーンだからだと思うんだけど、そこは私もほかの参加者もわかるので、なんの問題もなく毛利=グリーンで受け入れられてました。
クリスマスなので、「クリスマスリースぽくしたい」といわれて、現場でそんなお皿ないがな!と思いながら、このガラス皿で。あなた、うちでは夏のおそうめん担当なのに、きれいなものいれてもらえてよかったねえ。
Mさんはパプリカを星形にくりぬくためだけに、100均で抜き型を買ったそうです。師匠…!
パプリカを星形にくりぬこうって思いつくのも、技だよねえ。


明石全登(あかしてるずみ)のクリスマスミサ風ニョッキ。
大河で、キリスト教徒の武将がいたの覚えてる人いるかなあ。そこからのごちそうで、赤と緑。
トマトソースの赤はわかると思うのですが、このグリーンのまるいおだんごみたいなのが、ほうれんそうをねりこんだニョッキなのです。
ニョッキって人間が作れるものなんだ…。私、売ってるのをゆでたことしかないよ…!
そして、メニューカードがすべての料理についてるんですが、フォントがところどころ違うのは、手があいてる人があいているときに書いているからなのです。
ピンクのキャラ名はRお姉さんの字(買い専)、メニュー名(高田の字)、料理つくった人の名前(絵描きのTさん)。絵描きは字ですぐ絵描きだってばれるなーと思う(笑)


どんどん落とせ!長宗我部盛親の落石からあげ。
Aさんはからあげ達人で、しょうがが多めでガーリックをいれたこの二度揚げがポイントの唐揚げをよくつくってくれます。私はこのからあげが好きでねえ。集まりがあるときはいつもせがんで作ってもらうのです。
いつもの定番からあげにパーリー用のメニュー名をつけたのはMさんなんですが、唐揚げが落石なのはわかるんだけど、なんで長宗我部なんだっけ(笑)こういう「これなんでなんだろ」会話ってコラボカフェあるあるな気がする。

このほかに写真とりわすれてるのですが、福岡のNさんからいただいた明太子がメインのバゲット用サワークリーム、クリスマスアイテムの長靴や帽子のかたちをしたショートパスタフリットを作ってくれました。
あと、チーズにマカロン、後半にさらに飛び入りしてくれたPさん(全員と初対面。近いからという理由でTVみにきた(笑))のおだんごとか、2016年は今日で終わりでいいやなというぐらい、ごちそうの日でした。

あんすてとわたし。
3ジャンル合同のうちの1つ、あんすても無事3時間フルでみて、カーテンコールやアドリブまで全部みることができました。私は「はすみん」と「きたむー」いう人を覚えたよ!
きたむーは、刀剣乱舞の舞台で「薬研」という刀の役をやっている人なんですが、非常に美しい。陶器とかドールというかんじの美しさ。そのひとが「あんさんぶるシスターズ?アンサンブルなんだっけ…とにかくあんすて」では、金髪ブルーアイズの役をやってました。薬研と顔が全然違うので驚いた…。なんにでもかわれる顔ってあるんだなあ。
「はすみん」は、あきらかに丈が足りない着物に、足の寒さをロングブーツで埋めて扇をひらひらさせながら踊るんですが、その足のバランスが非常によい。腰から膝の長さと、膝からつま先の長さが一緒っていう人はなかなかいないのです。すばらしいバランスの体なのでとてもきにいりました。ああいう体、ものすごく昌幸だとおもうんだよなあ。うちの昌幸にも丈のたりない着物にロングブーツはかせたい。

そしてパーリーで興に乗ってくると、人間ばかばかしいことを考えるもので、推しキャラの身長とツリーをはかってみようという話になり。おうち開催ならではの遊びです。
メジャーをもちだしてマステ本来の正しい使い方をする。


一番長いのが、日本号。その隣が長谷部。

その隣は、燭台切と伽羅ちゃん。

私は、刀剣で漫画かいてないので、キャラ名が漢字でかけないんですが、さすがYさんは書き慣れてる…。
そして、推しの身長数字が1cm刻みで正確にでてくるのが、みんな絵描きだなって思う。

股下が96cmとわかったのは、在りし日の勇者がライフサイズパネルをはかったからなんだそうです。
真田丸の衣装展でも大谷さんの衣装をはかってた(主催に許可済み)友友をしってるんですが、地取りといっしょで少しでもその人をリアルに感じたいんだよね。萌えを発揮する方法として「測量」があるとは…。
たしかに、オーダーメイドでスーツつくるテーラーさんのBL話とかあるし、「計る」って萌えるんだなあ。

ところで96cmの下にあえてなんの印かかいていないマステがはってあります。
これは、刀剣舞台で燭台切役をやってる人の股下サイズだそうです。(なんでこんな数字をみんなしってるん…!私、げいったんの股下しらないよ!)
パーリーに参加してる全員が目をむく驚異の長さでした。
美脚というか、ホームセンターの木材だよね…。