でじたる信濃史料のURL。

13 3月

信濃史料のデジタルもの。テキストじゃなくて画像だけど、綱文(*1)人名検索はOK。ありがたいよねー。
「でじたる信濃史料」
https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/2000710100

*1 綱文:こうぶん

真田家好きなら買っておきたいファミリーアルバム「真田家御事蹟稿」は、「新編信濃史料叢書」(何十巻もある)に入っています。
初めて、「ごじせきこー」を知ったときは、そういう本が売ってるのかと思ってました。違うんですね…。
「新編信濃史料叢書」のシリーズ、どさっと買っても、最初の1〜14巻には真田家はでてこないのです。タイトルどおり、信濃に関係する史料を集めたものなので当然なんですが。でも、初めて歴史ジャンルに顔つっこんだにわかにはこういうことわからないよね…!私はわからなかったよー!
で、結局買ったのは、「新編信濃史料叢書」の15,16,17,18巻です。この4冊に、ごじせきこーがまるっと入っているので買いました。

さて、「新編信濃史料叢書」とよく似た名前の「信濃史料」というシリーズも、真田家好きならおさえておきたい物件らしい。
なぜそれを知ったかというと、一般書(*2)の参考文献リストをみると、大抵「信濃史料」がリストにあがってるからなのです。

*2:一般書:私みたいな新規さん用で、いわゆる泡沫売り切り本。他の本に書いてあることを違う表現でまとめたものが多いけど、沼の初期ではとてもお役立ち。巻末に参考文献が載っているものはまだまとも。
書き手さんも、「一般書は研究業績にはならない(ので、立証されていないことを書いても同僚は許してくれる。食べていくため…。今後の布石…。)」と認めているので、隙のある本なんですが、なにより安いのがありがたい。
とはいえ、泡沫本にはあたりたくなくて、まともな本を最初から読みたいーという人は、地味に出版社で区別するしかないのかも。中身が信頼できるかどうかは、書き手の名前を覚えて、その人の他の本や論文名を見て判断するしかないきがするー。サークル名覚えて好きな作家さんの同人誌買うのといっしょなのかな(笑)私は、永遠のにわかなので、泡沫本も全部読むよー!歴史なんてファンタジー!

で、「信濃史料」もいつか買わなきゃなあとおもっていたのですが、先日検索したら、ページが画像データベースになっていました。
もちろん無料…!
ブックマークなどができないのが難ですが、検索できるのありがたい。
「昌幸」で検索すると、昌幸のとこだけ、自動でハイライトされるのすごいよね。

さて、先日かいた漫画は、昌幸の晩年の話でした。(「だてさなじどり」2017.3月発行)
昌幸は晩年、絶賛下流老人になり、大好きだった馬すら生活費のために誰かに譲るのですが、その後、あっというまに病になり、動けなくなり…。せめて庭で動いてる馬をみたい…とかなんとか言ったという話の元ネタは、信濃史料にのっているのです。
老害発言じゃないことを祈るよね…。昌幸なら老害でも私は許すけど(笑)


ネタ元は↓これ。

そんな便利な「でじたる信濃史料」なんですが、googleで「信濃史料」といれれば、トップにでてくるはずが、でてこないときもあり、謎なのです。
じゃあ、自分のブログにURLはっておこうと、備忘録のために今日の記事をかきました。

「ごじせきこー」もはやくこうなってくれればいいのになあ。