ぱなま運河。

27 8月

ぱなま運河がおもしろかったので
説明をしたいのです。

…これで、あってるといいな…というレベルの説明ですみません…。
私が「これ考えた人すごいとおもう!」と驚いたのが
伝わればいいんですが。

パナマ運河の近くに見学コーナー的なものがあって
(入場料800円もするけども)
そこでどうやって作ったかとかみせてくれます。
とはいっても、作り方は、ダイナマイトでひたすら谷を破壊して
ショベルカーなんてないので人海戦術でがれきを運び出して
その土はパナマの海岸線埋め立てに使ったという…。
よくやる…!

ここから写真。
こんな天気ですがちょう暑いんですよね…。

ぱなま運河のロックはいくつかあるんですが、そのひとつ。
奥にあるのはなにかの海ではなくて運河のなかの一部です。
ここのロックは観光地なので、パナマ運河みたいというとここに連れてかれます。


船はしょっちゅうくるんですが、
「次は1時半に船がきます」とアナウンスが
英語とスペイン語で流れるのでじっとまってなくても大丈夫。

あとからきづいたんですが、
11時半〜1時半ぐらいまで船がロックにこなかったんですが
1時半以降、ロックまわりにどっさり船が通過待ちをしてたんですよね…。
おそらく(この予想があたったらこわいんですが(笑))
パナマ運河には「昼休み」があるんじゃないかと…!
スタッフがお昼たべるために世界中の船は待たされてるんじゃないかと思います。
日本じゃ考えられん(笑)


船がはいってきたところ。
よく側面の壁にぶつからないですよねえ…。
ぶつかったら船体に傷がついて沈んだりしないのかなあ。


船がおさまると、水位をさげます。
船ものっそり動いてますが水ものっそり下がる…。


ある程度下がると門があきます。
このコンクリートの門がコンピュータがない時代からあって
ちゃんと動くというのがすごい…。

カンカンカーン!って鐘の音がすると、船が動きますーという合図です。


船が通るところ。
ここらへん動画で撮ってたんですが容量不足で途中できれました(笑)
船の動きが遅すぎる…!


船がとおるところ2.
水位があがってるようにみえるんですが、おうちみたいなのが建ってるとこが高いのと
あと目の錯覚で、実は水位が一緒なのが実際にみてても不思議でしょうがない…。


ああ、いっちゃった…。
でも、ここからまた水位を下げてでていくのですごい時間がかかるんでした。
みてるうちに暑さで手に赤いてんてんがでてきたので
(私の熱中症症状のひとつ)見物をやめました。
ほんとあつい…。これで雨期なんて!

このパナマ運河関係はACPという組織なんですが
ACPに勤めるのはパナマではステータスなんだそうです。
まあ、パナマ帽会社に勤めてますっていうより
パナマ運河の会社に勤めてますっていったほうが
たしかに花形っぽい。

あと、あまりにこの通行が儲かるので
もう2つばかりロックを作っていて今年だか来年からオープンなんだそうです。
今度のはコンピュータでしかも真水使用。
いままでのは、水位を上げたり下げたりする水は海からひきこんでたんですが
どうもそれが門とかをさびさせたり、放流に時間もかかるらしく。

そう考えると今あるパナマ運河のシステムって
クラシックですごいなあ…!と思います。
ぜんまいとかホイールで動いてる…。


船の通行を見終わったあと、ごはん食べに近くのリゾートにいきました。
パナマ運河沿いにあるんですが、パナマ運河といっても湖か湾みたいに広いので
いくつかかかってる橋のひとつがこれ。
この運河、ワニがいるらしいんですが、カメしかみえなかった…。


橋は外からみると普通の橋なんですが、歩いて渡れないようになってます。
車のみ…!
しかも一通です。(むこうから車がきてるときはこっちは信号で待ちの姿勢)
ついでに、タイヤをうまくこのちょっとひろめのレールみたいなのにのせないと
レールから落ちてすすめないようになってるという橋。

なんでこんな橋を…と不思議なんですが、予算がないというより
パナマ流の安易に通らせない意図があるらしいです。

例えば、似たような例があって
パナマは南米ではかなり安全な国なんですが、
隣の地続きコロンビアはわりと危険な国なので
コロンビアから簡単に入ってこれないように
わざと道路はつながないし舗装してないんだそうですよ。
島国日本人の感覚にはないわ、それは…!


前回あたりの日記に、パナマに電車はないとかいたんですが、ありました。
あったんですが、一日2往復しかしないそうです。
めったにみれないので、写真とってみました。
貨物が先頭がどこかに着いてるころに
最終は駅をでたとこなんじゃないかってぐらい
えんえんとつづいてた…。
こんなのが停まれるホームはないにちがいない。


ふぁひーた。メキシカン料理が私は好きなんです。

日本ではメキシカンがなかなか食べれないので
(日本にもあるんですが高い…!)
こっちではしょっちゅうメキシカンを食べてます。
パナマはごはんおいしいので驚く…!
アメリカよりおいしいってところがポイントです。