やんわり日記

14 5月

5月7日(火)
昨日印刷しておいた原稿をチェック。一晩寝かすと発見があって校正もはかどる。菖一朗(主人公)の人としてダメなところが描けて嬉しい。夜、友人がネット配信動画「加州清光」をみにやってくる。加州=カナダの広報仕事もやれそうだが。

5月8日(水)
昨年、私はこの日に癌の手術をした。同じ主治医が明後日の妹の手術をする。お礼と手術成功のお願いを兼ねて、教会で祈っていると、印刷所から電話。4p分数え忘れて、追加入金。祈りを中断されて、ぼんやりすると、天気がよい日だったからか天啓を得る。仕事を少し恣意的に解釈してみた。年に一回の誕生日にならこれは許されるだろう。

5月9日(木)
妹が入院。満床の関係で一泊4万の部屋しかあいてなかった。首にスカーフをまいたコンシェルジェがチェックイン業務をしてくれて、まるでホテルだねと家族でざわつく。フロアには一泊11万の部屋もあるそうだ。だが、食事はおかゆ。むしろ、下剤。

5月10日(金)
とりだされた筋腫は1.7kgだった。赤いひょうたん型フルーツのような、モダンなダンベルのような子宮だった。重い。このせいで、なにかの臓器は背中にまわり、膀胱も圧迫されていたという。子宮をさわったり持ったり、父と私と妹のパートナーで大いに堪能する。主治医から、検体にこんなに興味をもつご家族は初めてですといわれた。妹からこの様子を動画に撮るように頼まれている。

5月11日(土)
妹の介護。妹が口をわずかにでも動かしたらすぐに水を含ませてあげたいと思う。よって一睡もできなかった。峠をすぎ、妹のパートナーと付添を交代して帰宅。だが、妹から、パートナーが夜間、職場から呼び出される可能性があることを理由に、私に病院にもう一泊泊まってほしいという要請がきた。疲れていたので「いくけど」と、冷たい態度をとってしまった。寝ないと心の余裕がなくなる。これが世間でいう介護疲れかと身にしみた。LINEであやまり、私も美味しいものを食べて、リフレッシュして病棟にむかった。妹からも謝られた。

5月12日(日)
コミティアに参加する。イベントにいくと毎回一人ずつ知り合いが増えて、友達が増えるのが楽しい。将棋に詳しい方に業界の基礎知識を教えてもらった。薦められるまま、どうぶつ将棋アプリをやってみたが、毎回「まちがい」といわれるので、やる気を失う。「まちがい」というマイナス言葉ではなく、がんばって打つ手を考えたことをほめたうえで、正解を提示するのが新規ユーザーの獲得につながるのではないか。

5月13日(月)
癌の術後一年検査にいく。女医さんから、(高田さんは)触診に耐えられるようになったので、私は診察しやすくなりましたとほめてもらえた。こんなことでもほめてもらえると患者は嬉しい。いい女医さんに出会えてよかった。同じ敷地内に入院している妹を見舞う。既に私服でウクレレを弾いていた。シャワー許可がでていた。手術明けのシャワーは、ウォーター!に匹敵する最高の体験なのだが、あれを姉妹で共有できてよかったと思う。

5月14日(火)
週末の読書会の準備のため、ジョシュ・ラニヨンの”The Hell You Say”を読み始めようとして、居間にたまった新聞に心がそれ、これを書いている。新刊の通販準備もしなければ。